わんことわたしの♪幸せ花さかそ♪ブログ

★~わんこのくに~★ わんこと私の幸せおうちごはん&コミュニケーション

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「闘病といういいかた、そろそろやめようね?」





闘病とか、病気に勝つとか負けないとか・・・
そんなに病気を意識し過ぎてどうするんだろう?


・・・なんていうわたしも、3年前には「闘病記」を書いていたのです。
「負けないゾ 闘病記」ってタイトルで。パールのね。



でもね・・・
病気と「闘う」
病気と「勝負する」って
やっぱりヘンだなって思ったの。


だって、病気って自分の一部じゃないですか。
病気って、誰かが作ったんじゃなくて自分が作ったものじゃないですか。


それなのに、敵対視して、相手(自分)に戦いを挑むって、どうなの?

自分で自分と闘うってこと?



「わたし」は「病気さん」に対して、もう少し
態度をあらためないといけないんじゃない?


病気さんを敵対視しないで、
病気さんの存在を認めてあげる。
(だって病気さん=自分自身)


病気さんをよく見つめ、どうしてあなたはそうなったの?
って、病気さんの主張を聴いてあげなくちゃ。

それでもって
「わかったよ。いままで何もわかってあげられなくて
ごめんね。これからはもっと自分を大事にするわ」
って言えばいい。


病気さんは自分のことわかってもらえたら、
ちょっと気持ちが落ち着いておとなしくなる・・・


病気と闘うんじゃなくて共存するってことですね。



それを、病気さんと闘ってしまうから
病気さんのほうでも「負けないゾ~~!!」って
パワーアップしていくんですよね。

で、勝つか負けるか・・・
お互いが倒れるまで闘ってしまう。


なんで闘うかっていうと、
きっと「病気さん」のことが怖いから。
よくわからない相手に対する恐怖心から。


多分、人と人の戦争もそうなんじゃない?
相手のこと知らなくて怖いから、闘ってしまう。


もし、お互いよく知っていてわかりあってたら
闘う必要ないと思う。


だから、病気さんをよく見つめてわかってあげることじゃない?



パールが言ってたなあ。
防衛(警戒)作業って、怖いものなの。
怖いからこそ行くんだって。

怖くなかったら、相手にする必要もないんだから
防衛する必要もないんだものね。



病いと闘わず、理解して共存しようとする。
病気は自分の一部。



先天的なものでない場合、
食生活などの生活習慣が病気を招いているって言われてる。


そして、誰かを恨む、ねたむ、憎む。
自分自身を否定する、認めない。
そんな気持ちの積み重ねが病気になるって言われてる。


このことがいろいろ書かれている本を昔、買ったことがあった。
ルイーズ・ヘイと言う人の。
廃刊になって残念だと思ってたのだけど、今年(かな?)あらたに改訂して
出版されたみたいの。




闘わない。
相手の存在を認める。

これはすべてに通じるもの。


闘わないことが勝つことになる。
 



で・・・闘病、闘病生活という単語をどうしよう?
何か、いい置き換えはないかしら?


シンプルに療養(静養)生活でいいんじゃない?
療はいやす、なおす、苦痛を取り除く
養は養う、元気をつける、回復させる


このいいかたのほうがやさしい感じがする。





ところで・・・
パールのことだけど、
もし、わたしが「闘病」と意気込まなかったら、
パールはもう少し穏やかにゆるやかに晩年を過ごせたのかなあ。



| ひとりごと | 22:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT