わんことわたしの♪幸せ花さかそ♪ブログ

★~わんこのくに~★ わんこと私の幸せおうちごはん&コミュニケーション

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

忘れもしない2年前のきょう

2年前のきょう、わたしはパールとじっくり深い話をすることができました。
(さちさん、ありがとう!)


深い話ができて、わたしもパールも満足でした。


パールはず~っとわたしのことを心配していて、
わたしがもっと自分に自信を持って、自分を大事にして生きていってほしいと願っていました。


わたし自身が自分をリーダーと認めてこなかったこと。
彼はそれが心配で、控えめにすることより、リーダーシップを取ることを考えるように促していました。
それがわたしらしいのだと彼は思っているようでした。


なので、わたしは、わたしがリーダーであることをパールに宣言した・・・
その日が2年前のきょうでした。


それから1週間後、パールは突然、わたしに別れを告げずに旅立っていきました。
病気が快方に向かって喜んでいた矢先でした。



いま、思えば、2年前のきょうのことすべてが、彼のわたしへの別れの言葉だったのだと思います。
ずっと、あの日交わした言葉が彼の遺言だったと思っています。


彼からもらった宿題を何年かかってもしていく。
彼との約束を果たす。

それは、「わたしがわたしらしく生きて行く」ってこと。



彼、何も言わなかったけど、ホント、わたしの心の中、見抜いてた。
わたしの心の声、彼だけが聴いていた。


犬って・・・というか、動物ってそんなふうに賢いもの。
何もわからないのは人間だけ。

言葉で言われないとわからないのは人間だけ。






おちゃめで脳天気坊やだった彼も、晩年は紳士で大人でした。

彼、若い頃は「精神構造が幼い」と言われてきました。
防衛(警戒)犬は、精神的にオトナでなければ勤まらない。
単に「楽しい遊びの訓練」から「自覚と使命感を持った訓練」に変化しなければ、ホンモノではない。


家庭にいると、飼い主は犬を甘やしてしまうから、犬はオトナになる機会を失う。


飼い主の「いつまでも子供でいてほしい」というサインを受けて、
飼い主の期待通り、子供のまま居続ける・・・


でも、犬を一人前扱いし、対等に付き合い、尊重すれば、犬はちゃんとオトナになっていける。




パール。
彼は訓練を通して、親元を離れて暮らす経験を通して、オトナになっていったのだと思います。


いつのまにか、わたしや家族を「守る」という強い使命感を持っていました。
すべてにおいて、わたしは彼から守られていました。



彼は、犬としてわたしたちを守れる限界を知り、肉体の持つ限界を知り、
肉体を持たずにわたしたちを守ることを選びました。
そのほうが可能性が広がり、あらゆることに対処できると思ったからです。

そして、わたしの暮らしや、地域の人々の平和、スピリチュアル的な魔物からさえも。



2年前のきょうのできごとが、すべてのターニングポイントでした。
たくさんのことを学ばせてくれたパールに、心から感謝しています。


s-DSC00591_20160811231310aaa.jpg


















| 回想 | 23:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。