わんことわたしの♪幸せ花さかそ♪ブログ

★~わんこのくに~★ わんこと私の幸せおうちごはん&コミュニケーション

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【8月19日・お別れの儀式の日】

21年





18日夜、パールを乗せて帰宅した。

リビングの、いつもパールがいた場所に、先月買った新しい布団を敷いて寝かせた。
パールが気に入った布団。

ついこの間、マッサージの「リベラシオン」さんが来てくれて、心地よい顔してその布団に横たわっていたっけ。


旅行から戻ったら、またマッサージをお願いしようと思っていたのに。




17日に旅行に持っていくはずだった凍らした2本のペットボトルを、パールのお腹に当てる。


大急ぎで買ったお花とお線香・・・
ここは田舎だから、数少ないお店も早く閉まって、スーパーに残っていたカーネーションしか買えなかった。


昔、母の日になると、夫と花屋へ行き、カーネーションの花束をくわえて家路を急いだというパール。

「きょうはパッくんにカーネーションをあげるね」



21年s-P1040630 (2)1 (2)1



病院でパールのメッセージを聞いたから、
夫がパールの胸の毛としっぽの毛を少しカットした。

聞いてなかったらそのまま荼毘に付しているところだったよね。


形見に毛をとっておこうなんていう発想は、そのときの私には浮かばなかったから。

だから、先回りして教えてくれたんだね。







で・・・葬儀をどうしよう・・・


丸一日、このままパールを置いておきたい。
エアコンを普段より低い温度に設定している。


でも、パールの体が傷むのはイヤだ。
やっぱり、次の日にしよう・・・



夫が、葬祭場は近いほうがいいと言う。
この地域のことは、まだ不案内でよくわかっていない。
でも、このあたりに、気が利いたところはなさそう。

私は、東京がいい・・・



パールのお通夜。
リビングで、パールをかたわらに、みんなで一緒に寝た。
パールはいつもの場所で、いつもみたいにスヤスヤと寝ていた。
朝になったら、むくっと起きてくるんじゃないか・・・

ね、パール。そうだよね?



頭がさえてさえて、なかなか寝付けない。
夫に、11日の話、15日から18日までの話。
パールの伝言・・・パールの計画・・・
いろいろなことを話した。


20ねんKIF_1162 (2)1




***  ****  ****


数時間眠って、19日。
早朝にはもう目が覚めた。

ネットで葬祭場を検索。
問い合わせもした。
やっぱり、この付近で気に入る所がみつかりそうもない。


夫は「近くで」と言うけど、私は、
「やっぱり、東京がいい」



前夜と違って、夫も気持ちが変わっていた。
「たった1回のことなんだから、パールを送るのに、一番気に入ったところがいいよね」



第一候補の東京の寺院は8時からの受付け。
時間になったらすぐに電話した。

明るくて思いやりある温かい対応。
気軽に相談できた。


自宅から寺院まで、片道約3時間ほどかかる。
念のため、午後の一番遅い時間での火葬をお願いした。


寺院のほうは、約束の時間に余裕を見てくれ、
「1時から2時の間に来て下されば結構ですよ」と。


9時20分に家を出た。
お世話になった訓練士さんの家の前を通って、毎日の散歩道を通り、花屋さんでパールのための黄色い花束を二対作ってもらった。


高速に乗ったらいきなりの大渋滞。
その日は最高気温35度の猛暑日。
エアコンがなかなか効かない。


渋滞はどこまでも続いた。


道がすいていれば、1時間半。
やや混んでいれば、3時間近く。
この日は4時間近くかかってしまった。



25年6月



寺院についたのは1時を少しまわっていた。


手続を済ませ、パールを棺にいれた。
お気に入りの布団を敷いて。
ごはんと、大好きなひもつきボールも持たせることができた。

そして、昔、パールに約束していたPDの黒いガウンを着せ、黄色のお花で体を囲んだ。


20分くらい家族水入らずでパールと一緒に過ごすことができた。



火葬の前と後に、お坊さんにお経を読んでもらいお焼香をした。


この寺院は、飼い主にとてもやさしかった。
何もかも、やさしさに満ちていた。

心が清々しくなり、うれしくなった。


パッくん、こんないい場所でお葬式できて、ホントにホントによかったね~♪



寺院を出ての帰り道。
高速を使うのはやめよう。

下道(一般道)をずっと走って帰ることにした。


そういえば・・・このあたりの道は、なつかしい道ばかり。
昔、あちこちの公園に遊びに行ったときに、よく通った馴染みの道。


風景も変わらずなつかしかった。


5年前まで、この近くに住んでいたんだもの!



前の住まいの近くを通る!
お世話になった動物病院の前も通るんだ!

せっかくだから、ぜひ、院長先生にご挨拶をしたい。

思い立って、病院を訪ねた。
病院はちょうど午後の診察直前で、患者さんはだれもいなかった。
院長先生がめずらしく、ちょうど受付奥にいて、すぐに挨拶をすることができた。


パッくんが合わせてくれたんだね!


院長先生、パールのこと、とってもかわいがってくれた。
ホント、小さい頃からお腹壊してばっかりでずいぶんよく通院したねぇ。


院長先生に会えて、お礼を言えて、ホントによかった。


車の中で、なつかしい思い出話をたくさんした。
「ここ、パールとよく歩いた道だよ」
「あの、よく通った公園だよ」

パールに話しかけながら、過去を回想していた。



21年アル



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村



( ..)φ前回の追記メモ◆死亡の直接の原因

◆敗血症から多臓器不全を起こしたもの。

前日の食事が胃の中に残っていた。

15日の異物については、残っていたか、残っていなかったかは結局、不明のままとなった。







| エンディング | 19:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。