わんことわたしの♪幸せ花さかそ♪ブログ

★~わんこのくに~★ わんこと私の幸せおうちごはん&コミュニケーション

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

8才に分かれ道がある

s-DSC00275.jpg




シェパード。
頑健そうな外見からは想像しづらいが、彼らは心も体もとても繊細。


病院通いをする子も多い。
特に胃腸系の弱さは、犬の中ではダントツかも・・・?
下痢なんて、ホンの日常のデキゴト。


皮膚も弱いね。


命にかかわることはなくても、病気のデパートのよう。
あちこちの病院を掛け持ちするなんて珍しくない。



パールとて、例外でなく、
消化器、皮膚、眼・・・おまけに歯も弱い。

けれども、タフというか、体力的には恵まれた。




シェパードは8才くらいからが「分かれ道」と聞く。

8才頃、急にガクンと老けてしまう子。
変わらず元気ハツラツで若々しい子。



パールは、8才でもパワー衰えず、元気ありあまり、
この子はホントにすごいなあと思っていた。


そのままずっ~と、行きそうな気がした。




9才のとき、無謀にも2年ぶりの霧ヶ峰(日本訓練CH)出陳。
エントリー最高齢。



ベテランはパワフルだった。
円熟味も見せた。


1か所以外はほぼノーミス。
5回目のチャレンジにして、初めて手にしたガウンが誇らしかった。


私にとっては、信じられないくらいの偉業だった。


やっと勢いに乗った遅咲きの花。
あのときの彼は、うちの子じゃないみたいに輝きを放ってまぶしかった。


奇跡の一瞬を肉眼で見ることができたのは、
本当にラッキーだった。
あの光景、高鳴る胸、一生忘れることはないだろう。



s-CIMG27051.jpg




あの年を過ぎ、パールは障害の失敗が多くなった。
板壁を乗り越えるのも難しくなった。


年令の壁は着実に忍び寄っていた。



幸い、10才のいまも、競技会に出られる。


が・・・
板壁の復路はもう登る力がない。
コモは6個まわるのはむずかしい。

だから1ランクやさしいものを選んでいた。



そして、11才を目前に・・・、病気発覚。
急に足腰が衰えてきた。


QOLは落としたくない。
いつもと変わらぬ日常生活を送らせたい。



訓練は彼の日常
競技会は彼の命。
できるなら、現役生活をまっとうさせてやりたいよね。


暑い季節は無理は禁物。
おべんきょも少しお休みして、涼しくなったら再始動。




パッくんと約束したもんね。
生涯現役だよね。


目立ちたがり屋のキミが、いつもキラキラでいられる舞台を用意するのは私の役目。

どんなことがあっても、キミからそれを奪えないよね。


年を取って、今までできていたことができなくなっても、
できる範囲の中で精一杯がんばる。
それがキミの「一番」なんだよね。

あきらめたらいけないんだよね。


成績(結果)じゃなくて、ベストを尽くしたことが自分への勝利なんだ。


そんなキミを誇りに思うよ。



道、まだまだ続くよ。




s-DSC00531.jpg
そう。つづくよ♪




✿応援、ありがとうございます(*^^*)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村



| ひとりごと | 15:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。