わんことわたしの♪幸せ花さかそ♪ブログ

★~わんこのくに~★ わんこと私の幸せおうちごはん&コミュニケーション

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パールに面会したの(*^^)v

DSC06984.jpg



半月ぶりでパールに会って来たの



体がちょっと締まって、顔もキリリ!で
ちょっとは訓練犬らしくなってきた(*^m^)



本犬、いたって元気、元気。


日々の訓練と合宿生活の適度な刺激が
彼の体調を維持させてくれる。



家の中で、食べて寝て運動して・・・の
平和(単調)な暮らしは、一見、精神の安定にはよさそうに見える。

けど、パールのような子は、
交感神経と副交感神経のバランスを不安定にしてしまう。



ストレスないのがストレスになる。

ホントに、根っからのお仕事大好き犬。



私ができるのは、彼から仕事を取り上げず、
なるべくなら長い間、現役生活ができるように
配慮してやること・・・





久しぶりに会ったパールは、おおはしゃぎして
喜びを体じゅうであらわして、パワー有り余るくらいだった(*^m^)






久しぶりにパールの訓練風景を見る・・・・






障害飛越で肢をひっかけたり
板壁のタイミングを逸したり
シニア犬らしい服従作業の部分もあったけど


「がんばってるでしょー(*^^)v」
「やるでしょ~(*^^)v」のアピールを、こちらを
チラ見しながらやっているのが、
パールらしくて可笑しかった。



体力の衰えから、失敗することもあるけれども、
それで本犬が自信をなくさないように、と
訓練士さんがさりげなく気を使ってくれてるらしい。



ありがたいね・・・



DSC06978.jpg





人は、犬に対して、意外に平気でやりがちなんだけど、
シニア犬に、年齢を自覚させてしまうようなことを
したり、言ったりしたら、ホントはイケナインダヨ!



失敗しても、恥をかかせない。
自信なくすようなこと、しない、言わない。



だから
「もうトシだから」とか、悪気なくても
犬の前で言っちゃだめだよ。




どうしてだと思う?




犬にも尊厳があるから。
犬って、人(家族)の役に立ちたくて生きてるから。




シニアになる = 役に立たなくなる。

じゃあ、もう、ボク(ワタシ)はいらない子なのかな?




・・・犬は、そう思って不安になったり悲しくなったりするの。



ジャーマンシェパードのような作業意欲のある子たちなら
なおさら・・・



だから、飼い主は、犬に「いらない子?」って
思わせちゃいけないの。


シニアになったって、飼い主の役に十分たっているでしょ?


だから、それを犬に伝えないといけないの。



お留守番するのが日課の子には
「いつもお留守番ありがとう。キミのおかげで助かってるよ」

ひょうきんな子には
「いつも笑わせてくれてありがとう。キミがいるだけで
家の中が明るくなるよ」



どの子も、みんな、人のために、何かの役割を果たしているから。



DSC06980.jpg








・・・話がそれたけど・・・(^^ゞ



そんなわけで、パールの訓練士さんは、ちゃんとわかってて
パールを立ててくれて、自信持たせてくれて
感謝・感謝なの。





3年ぶりの霧ヶ峰。


パールらしく楽しんでくれたらいいな、って思ってる。



過去の4回は、ハラハラ・ドキドキばっかりで
楽しむって単語が出てこなかった。



ホントにね、お山は何が起きるかわからない・・・
出るたびに、前代未聞、想定外の珍事連続。



でも、まぁ、もう何が起きても驚かないわ。


ここまでくれば、飼い主も肝が据わってるわ(*≧∀≦)



パッ君、ラストチャンスの霧ヶ峰、
思いっ切り楽しんでね~~~(^.^)/~~~




DSC06985.jpg



| トレーニング | 23:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT