わんことわたしの♪幸せ花さかそ♪ブログ

★~わんこのくに~★ わんこと私の幸せおうちごはん&コミュニケーション

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

8才のおばあちゃん!?





この間、故郷の幼なじみから久しぶりに
メールをもらった。

彼女にも小型犬1頭がいて、その子の話も書かれてた。


その一文にこうあった。

「8才のおばあちゃんになります」



「えっ・・??」



8才って「おばあちゃん」なのか・・・??


なんだか違和感ーーー(-_-;)




うちのももはこの子より3つ上なんだ・・・


でも、今まで、もものこと、「おばあちゃん」って
人に言ったことも書いたこともないし、本犬にそう
呼んだ(言った)こともないョ。


もものこと、「おばあちゃん」って思ったこともない。
だからだね、違和感に感じだのは・・・



人も、犬も、そうだけど
「おばあちゃん」って呼ばれたり
「おばあちゃん」って自覚したりしたときから
本当のおばあちゃん街道まっしぐらになって行くんだョ。


確かに、肉体的に少しずつ衰えていくのは仕方ないことだし
それについては、そっと気遣ってあげなくてはいけない。


けど・・・かといって、お年寄り扱いしたり
お年寄りを自覚させるような言動は慎まなくては・・・って
れいは思ってるョ。


心身の健康ために。



病気のこともそう。
「病気、病気」って、そればかり言って考えて、
病気に焦点を当ててばかりいると
(病気のことばかり意識してると)
健康を回復するのに時間がかかるし
治るものもなかなか治らなくなってしまう・・・


そう思うョ。


わんこには
「高齢なんだ」「病気なんだ」って
あまり自覚(意識)させないことが大事だョ。


高齢でも、病気でも飼い主は
あくまでも「普通」に振る舞うこと。
それが大事だなって最近思うようになってきたの。


普通に接することと、
家族の温かい笑顔が、わんこにとって一番
健やかでいられることだから。


| 健康 | 11:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。