わんことわたしの♪幸せ花さかそ♪ブログ

★~わんこのくに~★ わんこと私の幸せおうちごはん&コミュニケーション

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

8回目のうちの子記念日

本日、パールの「うちの子記念日」。
早いもんだ。
パールが我が家に来てもう8年たったんだね。



パールからも教わることが本当にたくさんあったよ。


思うんだけど、
犬って、その人の足りないものを
教えるため、学ばせるために、その飼い主の元へ
送られてくる贈り物なんだよね?


それが何なのか、気づいて学べる飼い主は
幸せなんだと思う。


だから、気づかせて教えてくれるパールには
本当に感謝、感謝だよね。



8年前、「ジャーマンシェパード」という犬種を迎えた。
初めてのシェパード・・・ 
なんだか、かってが違ってちと難しいなって最初は思った。


心も体もデリケートなパールに、飼い主は年がら年中
奔走された・・・ (進行形:されている(^^ゞ)

見かけは頑健そうだけれど、ほっといても育つような子
じゃなくて、人がよく手をかけ、構って、
丁寧に扱ってやらないと生きていけないような、
過保護な、そんな犬・・・

少なくとも、パールはそんな子・・・



お腹が弱い。
病院通いが続く。

ほかもあちこち悪くなる・・・
専門病院もかけもちになる。

おかけで飼い主は、健康面の知識がだんだんと
増えて行ったよ(笑)


だいたい、シェパオーナーってみんな
健康面での知識が豊富な人が多いよね。
それだけ苦労してきてるってことなんだろう。




P1200088.jpg
持病のパンヌスを気遣ってUVカットグラスを



8年前のきょう。
子犬だったパールから、いきなり話しかけられて
ひどくうろたえた、というエピソードは、
ときおりブログ記事にしたなつかしい思い出。


あの頃は、そんなことがまだ信じられなくて
1年の間、自分で自分の耳をふさぎ
彼の心の声を受け取ることを拒否してしまっていた。


つまりは・・・パールに心を閉ざしていたということに
なるのかもしれない。


そして、結局、その代償は大きかった。

猛反省して、その後は「心の赴くまま」
「直感を信じて」「頭で考えないで」行動すると決めた。



これも、パールが身をもって私に教えてくれたこと。

パールがいなかったら、ACの世界に行かなかったかも
しれない・・・



気は優しくて力持ち。
控え目で、びびりで、勇敢で。

ももと私を守るために此処に来た子。
いつもありがとう。


8回目のうちの子記念日。
パールに愛と感謝をこめて・・・

| デイリー | 17:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT