わんことわたしの♪幸せ花さかそ♪ブログ

★~わんこのくに~★ わんこと私の幸せおうちごはん&コミュニケーション

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小さな肝臓。奇形の胃。

DSC03851.jpg



パールの検査の結果を聞きに病院へ
行きました。


検査は、パールの症状から見たこれまでのドクターの
「診立て」を裏づけするためのものとなりました。


お腹がゆるくなる原因と言うのは
複合的なものであると思うのですが、
まず、一番の原因と言えそうなのが、
パールの臓器の器質的要因であると考えられます。


以前から指摘されてることで、ここにも
何度か書いたかと思うのですが
パールは、肝臓が普通の犬よりも
小さいのです。

それが今回の検査で、「極端に小さい」と
いうことがわかりました。


肝臓が小さい犬って、少なからずいるようです。
ジャーマンシェパードも、そういうタイプが
わりといるそうです。

小さな肝臓であっても、機能はちゃんと正常なのです。


ただ、肝臓が小さいということで
肝臓のお隣にある胃の形が普通とは
ちょっと変わってしまうのですね。


ドクターは「胃軸がずれている」という言い方を
します。


正常では、胃の幽門(出口)は十二指腸のほうへ下に
向かうのですが、パールの場合はそれがずれていて
極端な話、90度近く(かな?)上(肝臓方向)に
向いているのです。

つまり胃の出口が正反対なのですね。


それに加え、胃の半分が細めで、やや
いびつな感じに見えます。

何だか、胃の下半分が
上のほうにひっぱられたような、
(実際はひっぱられてはいませんが)
そんな形に見えます。


そして、パールの場合は、胃がちょっと
ねじれたように着いていることも
わかりました。

と、いうことでそれは「奇形」と言えるようです。



肝臓が小さく、胃軸がずれている犬は
細菌が多くなったり、消化にとても時間がかかったり
するようです。


はっきりした理由はわかりませんが
臨床的に、このような犬たちは
下痢を繰り返すらしいのです。


胃軸のずれを治せば症状も治まるらしいのですが。



ここまでが検査によって、肉眼やデータで
下痢の一因を再確認したこと・・・




ほかにある原因としては、
腸内細菌が普通の犬よりも多いために
バランスが取りにくく、ちょっとした腸内環境の変化で
お腹がゆるくなってしまうことや
メンタルな面でお腹がゆるくなること。



はっきりと再認識できたのは
この子はもともと腸が悪い子ではないと言うこと。


腸が悪ければ、食事も多く摂れませんし
消化吸収も悪く、けして体重も増えません。

パールは消化吸収が極めてよい犬で
普通のシェパードと同じ量の食事をしていたら
明らかに太り過ぎになるのです。

体重管理が大変なのです。
夏などの運動量が落ちる時期に
冬と同じ量の食事をしていたら
めきめきと太るのです。

パールの食事量を聞けば、シェパオーナーは
びっくりするかもしれませんが、それくらい
食事の量が少ないのです。


それでもけして痩せてはいません。


なのに。たびたび下痢をするのです。
不思議です。


よほど体力があるのでしょう(笑)





さて、今回の検査で新しいことがわかりました。


胆のうが「胆泥」といって、ドロドロの胆汁で
いっぱいなのだそうです。

これを放置していると、胆のうがゼリーのかたまりの
ようになり、「胆のう炎」を起こし
さらには腹膜炎に発展してしまう恐れがあるそうです。


「胆泥の状態で発見されてよかったね」ということです。


胆泥を溶かす薬を飲みながら、定期的に
胆のうチェックをすることになりました。


そのほかの消化器のデータを見ても
パールはどこにも異常がなく、至って健康です。


飼い主、ほっとひと安心しました。



ドクターに指示を仰ぎながら、消化器を
よい状態にキープできるように・・・

パールのために。


DSC03846.jpg

| 健康 | 21:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

おつかれさま!

よく調べられましたね~、さすがです。
れいさんもパっくんも
本当におつかれさまでした!

牛もお腹が弱めなので
いろいろと勉強させていただきました。(__)

パっくんのお腹にあわせた食養生、
あらたなスタートができますね。

| おふみ | 2011/09/12 16:39 | URL | ≫ EDIT

おふみさん♪

ありがとうございます。

目新しいのは胆のうのことくらいで
ほかは、以前から指摘されていたことなので
驚くようなことはほとんどなかったんです。
調べてみて「ああ、やっぱりか」って感じで^^;

原因はわかっても、理由までは不明確なので
そこまで知りたいよう気分なんですが、
こんどドクターに会ったときに聞いてみようと
思います。

体の構造上の問題なら、お腹の症状は
なくなることはないので、
ホントに経過観察だけですね。

牛ちゃんもデリケートなお腹
どうぞお大事に・・・

| れい | 2011/09/12 20:13 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://laypearl.blog16.fc2.com/tb.php/1836-120aa6f2

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。