わんことわたしの♪幸せ花さかそ♪ブログ

★~わんこのくに~★ わんこと私の幸せおうちごはん&コミュニケーション

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【アニマルコミュニケーション】「多頭飼いってステキですか?」の反響

Frangipani Flowers



先日(9月6日)、予約投稿した記事について
多くの反響をいただき、私自身ちょっと驚いていますが、
本当にありがとうございましたm(__)m



多頭飼いは、確かに犬好きな飼い主にとって
すごく楽しいと思います。

飼い主はどの子にも平等に接しているつもりです。
犬たちも多頭数の暮らしを楽しんでいる・・・

きっとそうでしょう。

でも・・・もし、楽しいのが「私(飼い主)」だけで
「うちの子(犬)」たちは陰で不満に思っていたら・・?



あなたは・・・

「いいえ、うちはうまく行ってるから大丈夫!」

「私が好きでやってる多頭飼いだから、
私が楽しければ問題ないわ」

「多頭飼いしたばかりに、うちの子が悲しい思いを
しているのなら、それを解消する努力をしたい」

いろいろなご意見があるでしょう。



犬同士、仲良しの場合も、もちろんあります。
ただ、楽しんでいる飼い主のその裏で
さみしい思い、悲しい思いをしている犬たちが
少なからずいる現実があることも確かなんです。


アニマルコミュニケーションで犬たちの心の声を
聞くとき、ふっと犬たちの本音が漏れることがあります。
勇気あるイジメの告白を聞くこともあります。

犬たちは正直なだけにときに辛辣です。


強弱関係がある犬社会では、それこそ単純で普通のことなのかも
しれません。



強い子に対して「もっとやさしくしなさい」と言ったり
弱い子に対して「かわいそうに」と、かばったりするのは
あまり良いこととは思えません。


人間は感情に左右されずに、犬の前では中立であるべきと
思います。
どちらか一方の味方をしない・・・ってこと・・・


なぜなら、強い子(いじめる子)は強い子なりの
言い分があり、
弱い子は弱い子の言い分があるから・・・


どちらの子のことも非難や同情をせずに見守る
必要があるでしょう。
そして、お互いに折り合いをつけて、
幸せに暮らせたら・・・と願うのです。


このお話の続きはまたの機会に・・・


 来て下さってありがとう 
 きょうもココをぽちっとお願いね 
       
にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ   応援よろしくね(^-^)/





| アニマルコミュニケーション | 21:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://laypearl.blog16.fc2.com/tb.php/1622-27bc7c3d

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。