わんことわたしの♪幸せ花さかそ♪ブログ

★~わんこのくに~★ わんこと私の幸せおうちごはん&コミュニケーション

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

処方食か、手作り食か! 私が手作りを選んだ理由

唐突ですが、最近、新しいお友達も増えたことなので
私が手作りごはんを始めたきっかけを
ここでお話したいと思います。



「処方食にするか、手作りごはんにするか
どちらかを選択してください」

私は獣医さんにこう言われ、選択を
迫られました。

ももが3才の春のことです。
野菜類をトッピングしていましたが、まだ
毎食ドッグフードがメインの食事をしていた頃・・・


ももはその半年間、胃腸の調子が悪かったの。
その夏は記録的猛暑の年で、
連日、気温が36~38℃。
ももは、暑さと冷房で自律神経がおかしくなり、
下痢や嘔吐する日が多くなりました。


また、ものすごく食いしん坊な子なのに
「気持ち悪い」からと言って、
朝ごはんに一切、手をつけないことも
たびたびありました。

その代り庭に出て草を食べました。
(もともと、草を食べる癖がない子なのに)


草には「胃をスッキリさせる」効果(?)が
あるらしいです。
ただ、それも気分的なもので、実際、それで
胃がよくなるものでもなく・・・


また、真夜中の嘔吐もよくありました。
消化活動が鈍っていたらしく、
夜中に未消化のものをもどすことも
たびたびでした。


病院へ行って、一時的に良くなったりもしましたが、
半年も断続的に続くので、さすがの私も
詳しく診てもらうことにして、セカンドオピニオンの
門をたたきました。


診断結果は「炎症性腸疾患
胃から大腸にかけて全体的にはれている。
特に小腸の十二指腸のあたりがひどい炎症。

ほかには異常は見当たりませんでした。


投薬治療の必要はないけれど
(つまり病気ではないけれど)、
長期にわたる療養が必要と言われました。


その方法が食事療法。

で、記事冒頭の、
「処方食にするか、手作りごはんにするか
どちらかを選択してください」という言葉を
獣医さんから聞かされたのでした。


炎症がある子にドッグフードを与えていたら
それは治らない、っていうことです。

なぜって、わかります?


そう。フードを食べると、
フードに入っているたくさんの添加物が
腸に刺激を与え続けることになるので
炎症がおさまらない・・・っていうことです。


処方食は・・・
添加物をおさえてあるのかもしれません。
でも、所詮、処方食だって加工品です。
添加物がないわけがない・・・


それなら、手作りが一番安心でしょ?


選択を迫られた私、
「手作りごはんにします!」と獣医さんに宣言。


獣医さん、にっこり。


手作りにすると決めたら、もちろん、
「おやつも市販の犬用のはダメですよ」と。



そこから手作りごはんの生活が始まったのでした。


【次回に続く】

 来て下さってありがとう 
 きょうもココをぽちっとお願いね 
       
にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ  わぁ~い いつも応援ありがとう(^-^)/

| 健康 | 10:07 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

れいさんのお世話になってらっしゃるような獣医さんが近くにいて良かったですね!
うちの近所には、動物病院はとっても多いのですが、私の知っている殆どの病院では「手作り食」を選択肢に入れてはくださいません。
手作り食をしているから病気になったのだと言われることもあるくらいで。。。

続きを楽しみにしています!

| LICCA | 2009/03/27 23:35 | URL | ≫ EDIT

いい獣医さんですね…
ちゃんとした原因がわかると
嬉しいです
ただ薬だけを出されて
だましだまししてたらと
思うと怖いですね
自分加工だと何が入ってるか
すべてわかりますもんね
本当に安心です
そしてがっつく(笑)姿を見て
余計に嬉しくなるもんです。

| 長助おかん | 2009/03/28 00:26 | URL | ≫ EDIT

ほんとうにいい獣医さんですね。
いい獣医さんとの出会いって
宝物だと思います。
続きも楽しみです。
今日やっとキャラおにぎりを作ったので、記事中にリンクさせてもらいました。
ものすごく楽しかったです。
これはやみつきになりそう!
ありがとうございました!

| らずむっち | 2009/03/28 20:11 | URL | ≫ EDIT

ももちゃん、大変だったのですね。

気持ち悪いのって辛いですもんね。

ウチもセカンドオピニオンで行った病院で手作りを薦められて、せめて1日に1食は手作りにするようにしています。

続き楽しみにしていますね♪

| くまこ | 2009/03/28 20:38 | URL | ≫ EDIT

LICCAさん♪

手作りごはんに否定的な獣医さんはまだまだ
多いとあちこちから聞きますね。
私は、運がいいんだと思いますが、我が家の
かかりつけの獣医さんたちの中で、そのような
人は見当らないのです。

ホントに恵まれてるんですね。

| れい | 2009/03/28 21:34 | URL | ≫ EDIT

長助おかんさん♪

そうなんですよぉ~
当時、いきなり、処方食か手作りか・・・って
言われて、面喰いましたよ(笑)
てっきり、治療方針を聞くもんだとばっかり
思っていたら、食事の話だったので・・・(笑)

でも、その獣医さんのおかげで今の私が
あるわけで・・・ 感謝していますよ。
自分で作るから、何を使ったか、わかる。
それが安心につながり、わんこにも通じるものだと
思っていますよ。

| れい | 2009/03/28 21:38 | URL | ≫ EDIT

らずむっちさん♪

らずむっちさん、早速、キャラおにぎりにトライして
いただいて、ありがとうございました♪
とってもとってもうれしいです!
そして、楽しいって言葉がきけて、
ホントによかったな~って心から思います。
らずむっちさんに感謝、感謝です♪

獣医さん、なくてはならない大事な人。
いい獣医さんに巡り合えるかどうかは
運・不運もあるけれど・・・
かわいいわが子のために、信頼と納得のできる
獣医さんを探し当てるのも、また、飼い主の
ツトメでもあるかな?とも思ってます。

私も悪徳獣医に出会ったこともあります。
獣医を見極めるいい教訓にもなります。

| れい | 2009/03/28 21:44 | URL | ≫ EDIT

くまこさん♪

そうなんですよ、くまこさん。
食いしん坊のももにも、食欲がでない
時期がありまして・・・(^_^;)
気持ち悪くて、朝ごはんが食べられなくて、
草ばっかり求めて歩く、ももの姿を見ながら、
ホントに悲しい気持ちでいっぱいでした。

今でも、年に1~2度、草を食べることがあって、
そういうときは、当時を瞬間に思い出して
どき~っとしますよ。
もう、完全に「草トラウマ」です(爆)

くまこさんも、セカンドオピニオンの病院で
手作りごはんを進められたんですね!
私と同じですね~(*^_^*)
無理しない程度に、お互いにがんばりましょ♪

| れい | 2009/03/28 21:50 | URL | ≫ EDIT

とてもいい獣医さんにめぐり会えて
れいさん、ももちゃんは頼りになるんじゃないですか?
ももちゃんは大変辛い時期を過ごしたけど
今はとても幸せですね。
うちもデンの事で、食事には大いに悩みました。
完全手作りは難しいし…食べれない物は多いし…てね。
今は手作りが8割くらいなんですが、
れいさんのレシピは大いに活用し、アレンジして作ってます。
一時は24キロ台まで落ちたデンの体重も、今では33~34キロ。
れいさんの言葉と、レシピのおかげかな。と思ってます。

| ヒナ | 2009/03/28 22:32 | URL | ≫ EDIT

ヒナさん♪

食事の指導をする獣医さんに会ったのは
初めてだったので、ちょっとびっくりしました。
でも、先生のおかげで、手作りに踏み切れたし、
ももも体調がよくなったので、ホント、感謝してます。

デンちゃんも一時は大変でしたよね~?
今は、その当時のことがまるで嘘のように
たくましくなったデンちゃんでした♪
ヒナさんの努力の賜物ですよ~(*^_^*)
(私のおかげではないですよ~、何も
してませんもん)

パールは手作りするには難しいお腹の
持ち主で、野菜や肉がちょっとでも増えると
ダメになるので、手作りの部分は2割を
越えられず、完全手作りごはんを目指すのは
やめました。

わんこにもそれぞれの個体差があるので
その子に合ったごはんであれば、なんでもいいと
思っています。

| れい | 2009/03/29 22:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://laypearl.blog16.fc2.com/tb.php/1542-f08ee328

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。