わんことわたしの♪幸せ花さかそ♪ブログ

★~わんこのくに~★ わんこと私の幸せおうちごはん&コミュニケーション

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シェパは慰問犬になれないの?


さて、前回の続きを書こうと思うのだけど
その前に1つお断りを・・・

私が今、書かんとしているの(関心事)は
「シェパが慰問犬に向かないのか?」と
言うことであって、慰問犬や慰問活動に
関することとはちょっと違う。

今、慰問犬のことをここで述べるには
テーマが広すぎて、絞りきれないからだけど。
・・・ってことで、その方面の話を期待した人には
申し訳ないけれどm(__)m・・・まずは話を進めよう。


20070604165331.jpg



でも「シェパが慰問犬に向かないか?」の答は
もうとっくに出てるよね?
今現在、シェパと一緒に慰問活動をしている人が
いるのだから、答は「慰問犬に向く」ってことだと思う。

シェパだけが慰問犬になれないってことは
あり得ない。
シェパに限らず、どんな犬種でも慰問犬に
向く子と向かない子が当然いる。

ならば、前回書いたシェパを慰問犬にしないと
いうウワサがある団体は、どうしてそう考えるのだろう?


シェパは怖いと決め付けている人はいるだろうけど
シェパが好きな人だって少なからずいるよね?
シェパに会いたいお年寄りだっているよ~~


シェパオーナーの人は1度ならずとも心ない人の
言葉に傷ついたことがあるだろう。
「わぁ~、怖い!」「オオカミだ」
「食べられそう」「咬まれそう」
面と向かって平気で言われ腹が立った人も
いるだろう。

反対に「シェパがだーい好き」って言う人だって
いっぱいいる
今の時代のおじいちゃん、おばあちゃんたちが
若かった頃や幼かった頃、シェパは憧れの犬で
その時代のステイタスだった。



パールがうちに来たばかりの頃、そういう人たちが
どれだけそばに寄ってきただろう。
「昔、飼っていたんです」ってどれくらいの人に
言われただろう。

パールの姿に亡きわが子を重ねて
いとおしくなつかしく見ていた人が
どれくらいいただろう。

そういう人がホームで暮していたら
シェパに会うのはどんなにうれしいだろう。
だっこできる犬だけが慰問犬じゃない。

私が老いて、シェパを飼えないくらい衰えて、
やがてホームで暮らすことになったらサー、
やっぱり、やっぱり、シェパに来てほしいよ。
きっと、泣いて喜んで感謝すると思うよ。



シェパオーナーは、心ない人から傷つけられる
ことがあったとしても、心優しい元や現シェパ
オーナーから感動をもらうことがたくさんある。

たとえ、人の無理解や無知で慰問活動ができなかったとしても
シェパへのあらぬ誤解があったとしても、
私たちが何かできることってありそうな気がしてきた。


それよりも何よりも、慰問犬がホームへ出向かなくても
いいような時代になってほしいなあって思う。
目標は「ペットと暮せる老人ホーム」だね

そうすれば「老人ホーム」入所のために
「泣く泣くわが子(犬)を手放す」ことも
なくなるんだからね。

KIF_9559.jpg
慰問犬にならなくても交流はどこでもできる!?近寄る子供にやさしいまなざし


本日もポチッと1回よろしくお願いします

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
いつもありがとうございます



| ひとりごと | 23:39 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

そうですね。シェパだから○○犬だからって犬種の問題じゃないと思いますね。
性格の穏やかな子なら、どんな犬種でも慰問犬になれますよね。
私もペットと一緒に入れる老人ホームができればいいなと思います。
そして、ペットの世話ができなくなってもホームのスタッフやボランティアでそのペットの世話をしてあげる事ができたら、ずっと一緒に暮らせるんですものね。どんなに心のよりどころになる事かと思いますね。

| happika | 2007/06/05 22:07 | URL |

こんばんは。

シェパードは可愛いぞ!これを広めるのは僕のテーマなのかもしれません。一つ前の記事でも書いてられますが、テレビではつまらないシーンでシェパードの凶暴性を披露しますよね。よく見るのがお笑い芸人を襲わせる場面です。でも、よく見たら、楽しそうに遊んでるようにも見えます。でも、一般大衆にはそうは見えないんですよね。実際、正式な演技でもないのに、素人を襲わせないですよね?僕は詳しくないんですが、どうなんでしょう?
みなさんも仰ってますが、昔、シェパを飼っていたというのはよく言われますね。年配の方には当時は憧れだったんでしょうね。
シェパードは怖くないって広めたいと思ってる人がいると思えば、シェパードの怖いイメージを利用してる人もいますね。そんな人が飼うシェパードはやはり怖いですが。。なんにしても飼い方で、どのようにでも育つんですよね。
僕は難しい訓練はできませんが、ボンには普通の家庭犬として、いろんなところに出掛けたいと思ってますよ。こんな風に子供にボンを触ってもらえたら凄く嬉しいですもんね。

| ボンのとうちゃん | 2007/06/05 22:28 | URL |

happikaさん♪

ね、ね、ペットと入居できる老人ホームっていいですよね~。
理想です。
それかホーム全体でペットを飼うっていうのも
いいかなあって思っています。
どちらでもいいけど、誰か作って下さい~~!!(笑)

慰問だと月何回とか決まってて淋しすぎますよねぇ。

お年寄りがペットと暮す効果って大きいと思うんですよ。
生活にハリがでて、元気でいられると思います。
人から世話されるよりも、誰かの世話をしていたほうが
長く元気でいられるって思いますよ~

| れい | 2007/06/06 00:08 | URL | ≫ EDIT

ボンのとうちゃんさん♪

いろいろご意見ありがとうございます。
シェパ飼いにもいろいろなタイプの人がいていいと思います。
怖さをアピールする人もいていいでしょう(笑)

私のところは警戒犬(防衛犬)なので、知らない人から
見れば「怖い犬を飼ってる(訓練してる)」って思う人も
いるかもしれません。

テレビの襲撃シーンは私は人から度々聞いていますが、
自分では見たことないんです。でも容易に想像はつきます。

危険ではないから、そのようなシーンが撮れるのですけど、
見る側の訓練に詳しくない人はびっくりしてしまうでしょうね。
まあ、一般の人へいたずらに恐怖心をあおらないほうが
いいでしょう。
尊い訓練そのものが誤解されちゃいますからね。
この部分が警戒犬を持つ私としてのクレームです。

一部のシェパ飼いのかたが、そういう類の放送で
「シェパのイメージが悪くなる」と言って不快感を
持つことがあります。
私のような者がそういうのと、訓練自体を知らないシェパ飼いのかたがいうのとでは、ちょっと意味が違ってくるのではないかと思います。

シェパ飼いのかたにはたとえ訓練をしないとしても、
訓練に対する見聞を広めてほしいと思っています。
また新しいシェパの魅力が発見できると思いますよ。

| れい | 2007/06/06 00:29 | URL | ≫ EDIT

セラピードッグ

はじめまして。
アメリカで黒ラブとセラピードッグ活動をしています。
セラピードッグには、どんな犬でもなることができます。小さな犬も大きな犬も、雑種でも、何でもいいのです。
大切なのは、その犬の性格による向き不向きだと思います。
こちらでは、たくさんのシェパがセラピードッグとして活躍しています。

| frauyamada | 2007/06/06 23:14 | URL | ≫ EDIT

frauyamadaさん♪

はじめまして。コメントをありがとうございます!

私も性格次第でどの犬種でもなれると思っているのですが、
シェパードが持つイメージからか、慰問活動をセーブ
している団体があることを知り、失望しているのです。

アメリカでは家庭犬としてのシェパードは多いですね? 
セラピードッグも多くなるのでしょう。
日本では家庭犬のシェパードはそれほど多くなく、
大部分が職業犬(警察犬などの)です。
セラピードッグが少ないのはそんな日本の犬事情にも
よるのかもしれないですね。

| れい | 2007/06/06 23:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://laypearl.blog16.fc2.com/tb.php/1136-5fdfc08a

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。