わんことわたしの♪幸せ花さかそ♪ブログ

★~わんこのくに~★ わんこと私の幸せおうちごはん&コミュニケーション

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

狂犬病予防接種。投票所にも行ったよ♪

朝一番で動物病院へ行き、もも&パールの
狂犬病予防接種と健康チェックをして
もらいました。

KIF_9271.jpg
ほっとひといき、病院の帰り道 つつじも咲いて初夏ですね~


病院嫌いで、いつもピーピー騒がしいパール、
きょうはいつもよりも良い子で受診できまました
ちょっぴり、オトナになったかな~

KIF_92641.jpg
久しぶりの陸橋で。 道路を眺めてみる

注射をしたので、あまり運動もできないから
夕方、軽い散歩のついでに選挙の投票所まで
行ってきました

KIF_9282.jpg
投票所前で 「ボクらは選挙権がないんだよなぁ~」 パール

さて・・・
楽しい日々はあっという間・・・
明日はパール、「訓練所の子」に戻ります



ブログランキングに参加中です。
お帰りの際にはポチッ♪と応援して下さいね♪
よろしくお願いしま~すm(__)m


にほんブログ村 犬ブログ シェパードへにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

いつもありがとうございます



以下はももに関する健康覚書。獣医さんとのQ&A。
興味あるかたは覗いてみて下さい。



もも 6才半

血液検査
● 異常なし 低血糖気味だけど気にする必要なし

高齢化へ向けてのQ & A

Q 歯の健康状態はどうか? 歯茎の色が気になるが・・・
A 歯は手入れもされていて問題なし。
 歯茎は年齢と共に色素沈着が起こり、黒ずむが
 異常なし。まれに歯茎が「メラノーマ」になる場合が
 あるが、その際はふくらみで判断できる。
 歯茎を指でチェックしていれば発見が早い。


Q 白内障の進行を遅らせる目薬は有効か? 
A 白内障を食い止める効果はないが、白内障を遅らせる
 ことは期待できる。
 白内障は目の水晶体が白濁した場合をいうが、
 その前の段階として、水晶体が硬くなり
 弾力がなくなる。白濁するのはその後になる。
 ももに関しては、現在、目の状態は異常なし。


Q 高齢犬の食生活で気をつけることは?
A 低蛋白の食事に切替えることが大切。
 低蛋白の食事をしないと腎臓に負担がかかり
 腎機能障害が起こる。

 高齢化とともに、腎機能は弱まるものなので
 過度に負担をかけないようにしたい。


Q 腎機能は血液検査で異常値が見られた場合は
 すでにかなり悪化していると聞くが、腎機能が低下
したと判断できる方法はないか?


A 腎機能が30%以下になった際、血液検査で
異常値が見られる。この場合はかなり悪い状態。
そのほかは血液の検査値ではわかりにくい。

しかし、前年と比べ検査値が微妙に上がっている
場合、すでに腎機能が低下していると想像できる。

また、以前よりも犬が水をよく飲むようになり
排尿をよくするようになったと感じた場合は、
腎機能がかなり低下した状態と判断できる。
朝一番の排尿の黄色が今までよりも薄いと感じたら
腎機能はすでに低下していることなので、これを判断の
目安にしたらよいだろう。

腎エコー検査は腎臓がとのくらい働いているかを
見るのに有用な検査だが、尿検査で尿の成分を
調べるのが一番手っ取り早いと思われる。
2~3ccの尿でそれが調べることができる。


Q ももはもう少しダイエットをする必要があるか?
A 現在のももは、「やせている」「標準」「太っている」の
中で、「標準」の中でも太っているほうに入る。
トクにやせようとしなくてもかまわないが、
もし、やせようと思うならば、あと少しだけ。

「標準」の中の真ん中くらいにしておくことを勧める。
「標準」の中の「やせているほう」にはならない
ほうがよい。

高齢になると、抵抗力が落ち、病気にも罹りやすくなる
ので、やせていると体力がすぐに落ちてしまう。
なので、これからは健康のため、やせることをあまり勧めない。
ダイエットし過ぎないように気をつけること。

低血糖気味なので、これからは食事の回数を
増やすとよい。
低血糖の子が食事を1度に大量にとると
血糖値が一気に上がる。これはあまりよくない。

食事の回数を増やせば、ダイエットにもいい。 


| 健康 | 00:14 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

陸橋におでこをぴったりくっつけて
下をのぞいてるパール君の姿がかわいいですねぇ~♪
病院ではりりしくなって姿をパパママに見てもらえてよかったね♪
ももちゃんのキャリーバックから覗かせてる姿もほほえましいです

↑長助は6月で8歳なので
このももちゃんの健康結果をみて
参考になりました
今年は長助も「犬ドッグ」に入ります♪歯石もとらないといけませんし☆汗

| 長助おかん | 2007/04/23 01:06 | URL |

こんばんは。

参考になりました。僕はずっと猫を飼っていたので、腎臓の事は重要に感じてます。猫は腎臓をやられる子がほとんどですからね。ボンはもうすぐ5歳。これからはしっかり見てやりたいです。

| ボンのとうちゃん | 2007/04/23 01:25 | URL |

長助おかんさん♪

うふ♪ 陸橋から下を覗くパール、かわいいですかぁ~♪ 
ありがとうございます(超親バカ!(爆))。
パール、なぜだかこれが好きです(笑) 
陸橋に上がることもワクワクするみたいです。

長助君は8歳の犬ドック(ドッグドック!?笑)に
入るんですね~~。
おかんさんも健康には気を使ってらっしゃいますね! 
歯石を取るときは麻酔が必要だから、頼むときはちょっと
勇気がいるかな~?
ももも、あと何年かしたら歯石を取ってもらわなくっちゃ~!

| れい | 2007/04/23 13:26 | URL | ≫ EDIT

ボンのとうちゃんさん♪

ネコちゃんは腎系、泌尿器系の病気がほんとにびっくりする
くらいに多いですよねぇ。
わんこたちも高齢になれば、腎機能が弱まるけれど、
人間と違って症状を言葉に出して言えない分、私たちが
気をつけて観察するしかないですね。

ボン君は、とうちゃんさんやお嫁さんがよく健康管理
されてるから幸せですよね。

| れい | 2007/04/23 13:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://laypearl.blog16.fc2.com/tb.php/1092-471c8c6e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT