わんことわたしの♪幸せ花さかそ♪ブログ

★~わんこのくに~★ わんこと私の幸せおうちごはん&コミュニケーション

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「闘病といういいかた、そろそろやめようね?」





闘病とか、病気に勝つとか負けないとか・・・
そんなに病気を意識し過ぎてどうするんだろう?


・・・なんていうわたしも、3年前には「闘病記」を書いていたのです。
「負けないゾ 闘病記」ってタイトルで。パールのね。



でもね・・・
病気と「闘う」
病気と「勝負する」って
やっぱりヘンだなって思ったの。


だって、病気って自分の一部じゃないですか。
病気って、誰かが作ったんじゃなくて自分が作ったものじゃないですか。


それなのに、敵対視して、相手(自分)に戦いを挑むって、どうなの?

自分で自分と闘うってこと?



「わたし」は「病気さん」に対して、もう少し
態度をあらためないといけないんじゃない?


病気さんを敵対視しないで、
病気さんの存在を認めてあげる。
(だって病気さん=自分自身)


病気さんをよく見つめ、どうしてあなたはそうなったの?
って、病気さんの主張を聴いてあげなくちゃ。

それでもって
「わかったよ。いままで何もわかってあげられなくて
ごめんね。これからはもっと自分を大事にするわ」
って言えばいい。


病気さんは自分のことわかってもらえたら、
ちょっと気持ちが落ち着いておとなしくなる・・・


病気と闘うんじゃなくて共存するってことですね。



それを、病気さんと闘ってしまうから
病気さんのほうでも「負けないゾ~~!!」って
パワーアップしていくんですよね。

で、勝つか負けるか・・・
お互いが倒れるまで闘ってしまう。


なんで闘うかっていうと、
きっと「病気さん」のことが怖いから。
よくわからない相手に対する恐怖心から。


多分、人と人の戦争もそうなんじゃない?
相手のこと知らなくて怖いから、闘ってしまう。


もし、お互いよく知っていてわかりあってたら
闘う必要ないと思う。


だから、病気さんをよく見つめてわかってあげることじゃない?



パールが言ってたなあ。
防衛(警戒)作業って、怖いものなの。
怖いからこそ行くんだって。

怖くなかったら、相手にする必要もないんだから
防衛する必要もないんだものね。



病いと闘わず、理解して共存しようとする。
病気は自分の一部。



先天的なものでない場合、
食生活などの生活習慣が病気を招いているって言われてる。


そして、誰かを恨む、ねたむ、憎む。
自分自身を否定する、認めない。
そんな気持ちの積み重ねが病気になるって言われてる。


このことがいろいろ書かれている本を昔、買ったことがあった。
ルイーズ・ヘイと言う人の。
廃刊になって残念だと思ってたのだけど、今年(かな?)あらたに改訂して
出版されたみたいの。




闘わない。
相手の存在を認める。

これはすべてに通じるもの。


闘わないことが勝つことになる。
 



で・・・闘病、闘病生活という単語をどうしよう?
何か、いい置き換えはないかしら?


シンプルに療養(静養)生活でいいんじゃない?
療はいやす、なおす、苦痛を取り除く
養は養う、元気をつける、回復させる


このいいかたのほうがやさしい感じがする。





ところで・・・
パールのことだけど、
もし、わたしが「闘病」と意気込まなかったら、
パールはもう少し穏やかにゆるやかに晩年を過ごせたのかなあ。



スポンサーサイト

| ひとりごと | 22:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

16才になったの♪

10月3日、ダックス・もも、めでたく16さいの誕生日を迎えました♪



s-DSC03184.jpg


前の日に、トリマーさんにきれいにしてもらって、お誕生日スペシャルのオーガンジーのリボンをつけてもらいました。

もも、すごいねぇ。16さい!!
この子の生命力にはただただ感謝です。



s-DSC03181.jpg


ずっと一緒にいてくれてありがとう。
ホントにとってもとってもうれしいです。
 


s-DSC0316311.jpg

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


| デイリー | 14:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

八ヶ岳のお花畑で~~♬

s-14112026_1037006133081515_1121763176_n.jpg



毎年恒例の八ヶ岳のコテージ。
遅い夏休みを取って行ってきました。


今回、楽しみにしていたのがももの写真撮影。
兵庫県の西宮から、犬の写真家・井上さんにわざわざ来ていただきました♪


s-14137770_1037008886414573_715066391_n.jpg



で・・・  緑の中、お花畑の中、気分よくモデル(?)になってきました(笑)

わんこだけの撮影のつもりが・・・  
あれれ、なぜだか、家族写真になってました。



でも、まぁ、いいっか。
普段、わたし、撮ってばかりで、自分が撮られること、ないんですもんね。

撮られる側になって、発見もありましたし♪



s-14081296_1037006513081477_1773482825_n.jpg




3年前から、わんこ写真を撮っていただくなら「この人!」って決めてました。


2年前の夏休み、彼に八ヶ岳での写真撮影を予約していたんです。
主役はパール。そして、もも。

だけど、撮影日の前日、パールは急に旅立ち、撮影は急きょキャンセル、
八ヶ岳へも行けなくなりました。



今年の夏、ももは15さいと10ヶ月。
思い切って井上さんにお願いして、ホントによかった~♪



s-14081056_1037004846414977_1446455589_n.jpg



わたしが望んでいることを、具現化してくれる人にやっと会えました♪



自然がいっぱいある中での撮影。ホントにステキです。
やっぱり、犬は自然がよく似合う。
井上さんの温かなオーラに包まれて、人間も心が和みます。



何も要求されない撮影。
撮影されてることをほとんど意識しない撮影。


心地よくって楽しかったです♪


彼がもっと近くに住んでいたらいいのにね~!
たびたびお願いできるのにね。


関西の人がうらやましいです。


s-14081355_1037006736414788_1246915075_n.jpg



✿犬の写真家・井上さんの許可をいただいて画像アップしております。

Photo : 井上 浩一 氏
Dog Photo まるまるフォト 
ブログ



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


| おでかけ | 15:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

忘れもしない2年前のきょう

2年前のきょう、わたしはパールとじっくり深い話をすることができました。
(さちさん、ありがとう!)


深い話ができて、わたしもパールも満足でした。


パールはず~っとわたしのことを心配していて、
わたしがもっと自分に自信を持って、自分を大事にして生きていってほしいと願っていました。


わたし自身が自分をリーダーと認めてこなかったこと。
彼はそれが心配で、控えめにすることより、リーダーシップを取ることを考えるように促していました。
それがわたしらしいのだと彼は思っているようでした。


なので、わたしは、わたしがリーダーであることをパールに宣言した・・・
その日が2年前のきょうでした。


それから1週間後、パールは突然、わたしに別れを告げずに旅立っていきました。
病気が快方に向かって喜んでいた矢先でした。



いま、思えば、2年前のきょうのことすべてが、彼のわたしへの別れの言葉だったのだと思います。
ずっと、あの日交わした言葉が彼の遺言だったと思っています。


彼からもらった宿題を何年かかってもしていく。
彼との約束を果たす。

それは、「わたしがわたしらしく生きて行く」ってこと。



彼、何も言わなかったけど、ホント、わたしの心の中、見抜いてた。
わたしの心の声、彼だけが聴いていた。


犬って・・・というか、動物ってそんなふうに賢いもの。
何もわからないのは人間だけ。

言葉で言われないとわからないのは人間だけ。






おちゃめで脳天気坊やだった彼も、晩年は紳士で大人でした。

彼、若い頃は「精神構造が幼い」と言われてきました。
防衛(警戒)犬は、精神的にオトナでなければ勤まらない。
単に「楽しい遊びの訓練」から「自覚と使命感を持った訓練」に変化しなければ、ホンモノではない。


家庭にいると、飼い主は犬を甘やしてしまうから、犬はオトナになる機会を失う。


飼い主の「いつまでも子供でいてほしい」というサインを受けて、
飼い主の期待通り、子供のまま居続ける・・・


でも、犬を一人前扱いし、対等に付き合い、尊重すれば、犬はちゃんとオトナになっていける。




パール。
彼は訓練を通して、親元を離れて暮らす経験を通して、オトナになっていったのだと思います。


いつのまにか、わたしや家族を「守る」という強い使命感を持っていました。
すべてにおいて、わたしは彼から守られていました。



彼は、犬としてわたしたちを守れる限界を知り、肉体の持つ限界を知り、
肉体を持たずにわたしたちを守ることを選びました。
そのほうが可能性が広がり、あらゆることに対処できると思ったからです。

そして、わたしの暮らしや、地域の人々の平和、スピリチュアル的な魔物からさえも。



2年前のきょうのできごとが、すべてのターニングポイントでした。
たくさんのことを学ばせてくれたパールに、心から感謝しています。


s-DSC00591_20160811231310aaa.jpg


















| 回想 | 23:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

近況をね・・・




ブログを更新しないここ数年、いろいろなことがあって。


「パールの死」のことは、ここでたくさん書いたから
特に追加することはないと思う。


わたしも少し変わった。

変わったって部分が「成長した」ってことだとうれしいな。


書いていないことを、いろいろ・いろいろ
折を見て書けたらいいなって思ってます。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村



| デイリー | 23:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

15の春♬




ももちゃん、15才6ヶ月。

今年も一緒に桜を見られてうれしい♬


ももはちっとも変ってないよ。
お顔がちょっと白くなっただけでね。


このブログを始めたのは、確か、ももが4才のときだった。
早いなあ、もう10年以上たつなんてね。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村



| デイリー | 00:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。